結婚式アクセサリーのマナー

アクセサリーをつけるのはマナーです

服も靴も完璧なコーディネートを選んだのに、最後の最後でうっかり髪飾りやアクセサリーの類を忘れていた、なんて方もいらっしゃいますね。

華やかな服だし、アクセサリーはいらないかな? いいえそんなことはありません。アクセサリーをつけることは、フォーマルな場所へ行くときのマナーだからです。

必ずネックレスやピアス、イヤリングをつけて行くようにしましょう。

アクセサリーのマナーは色々ありますが、まず指輪の類はシルバーよりもゴールド、ゴールドよりもパールの指輪がいいとされているみたいです。

なるべく上品なイメージのほうがいいとされていますが、キラキラしたアクセサリーはNGとする人と、OKと言う人とふたとおりいるので、新婦よりも目立たない程度に華やぐイメージを意識してください。

なお、NGとされているものももちろんあります。

黒真珠と、あきらかにブランド物とわかるバッグです。

おそらく黒真珠はお葬式のイメージが付きまとうため、ブランドだと人目で分かるものはエレガントさに欠けるのが理由です。

着物のときにはイヤリングやピアスの類はつけないというのもマナーですね。

アクセサリーと小物の色は違うものにして、メリハリをつけると全体に締りがでていいと思いますよ。
 

結婚式アクセサリーのマナー
結婚式アクセサリー選び1
結婚式アクセサリー選び2
結婚式アクセサリー選び3
結婚式アクセサリー選び4

結婚式アクセサリーについて
Copyright (c) 結婚式アクセサリー情報 All Rights Reserved.